国家公務員試験(総合職・大卒)

【過去問解説】2019年国家公務員採用総合職試験(大卒)森林・自然環境(多肢選択式)試験問題【No.4】

2019年度(H31、R1年度)の国家公務員採用総合職試験(大卒程度)の専門試験【森林・自然環境】の多肢選択式試験問題の過去問解説です。

問題は121題あります。
問題は必須問題13題(No.1~No.13)と選択問題12科目108 題(No.14~No.121)に分かれています。選択問題については任意の3科目(27題)を選択し,必須問題と合計して40題を解答します。

なお,選択問題については,3科目を超えて解答しても超えた分に ついては採点されません。

これは、必須問題13題のうちの4問目の問題です。

タップできる目次
  1. 問題
  2. 解説

問題

気象現象に関する記述として最も妥当なのはどれか。

  1. 台風は,赤道を挟んで緯度が南北23.5度以内の海上で発生し発達する熱帯低気圧のうち,中心付近の最大風速が32.7m/s以上のものをいう。台風は年間で平均約15個発生し,風速によって,大型,超大型など,三つの階級に分けられる。
  2. 一般に,温帯低気圧は,寒気と暖気が接する所に発生する。この低気圧は,中心の東側には温暖前線を,西側には寒冷前線を伴う。また,温帯低気圧は偏西風の影響を受け,主に西から東へと移動する。
  3. 寒冷前線では,寒気が暖気の下に潜り込み,暖気を押し上げながらゆっくりと移動する。通過の際,ゆっくりと気温が下がり,穏やかな雨が広い範囲に降り続く。温暖前線では,暖気が寒気の上を急激に上昇し,寒気を押しながら移動する。強い雨が狭い範囲に降り,通過後,急に気温が上がる。
  4. 陸地は熱容量が大きいため,日射の吸収による温度上昇が大きく,潜熱で大気を温める。一方, 海水は熱容量が小さいため,温度上昇が小さい。昼間は気温の高い陸上で相対的に高気圧になり, 陸地から海上への陸風が起こる。夜間は海面よりも陸面の温度低下が大きいため,海上から陸上への海風が起こる。
  5. エルニーニョは,赤道太平洋東部の海面水温が数年に一度,半年以上にわたって広範囲に低下する現象である。その反対に,ラニーニャでは赤道太平洋東部の海面水温が高温になる。エルニーニョの年には,暖水域が太平洋西部に現れ,小笠原高気圧が強められるため,日本付近は猛 暑になりやすく,逆にラニーニャの年には,日本付近は冷夏になりやすい。

解説

①の文章ですが、

台風=北太平洋の南西部(東経100度線から180度経線までの北半球に中心が存在するものをいう)に発生する熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒17.2メートル以上に発達したもの

また、大きさの階級は風速ではなく風速15m/s以上の半径で分けられます。

大きさの階級風速15m/s以上の半径
超大型の台風≧ 800km
大型の台風500 – 800km
中型(並みの大きさ)の台風300 – 500km
小型の(小さい)台風200 – 300km
ごく小さい台風< 200 km

なので、全文が間違いです。

②は妥当な文章です。

③の文章ですが、

寒冷前線=寒気が暖気の下に潜り込み,暖気を押し上げながら急激に移動する。通過の際,強い雨が狭い範囲に降る。通過後,気温が下がる。

温暖前線=暖気が寒気の上にゆるやかに這い上がりながら進む。通過の際,穏やかな雨が広い範囲に降り続く。通過後,気温が上がる。

なので、寒冷前線と温暖前線についての記述が一部逆になっています。

④の文章ですが、

陸よりも海のほうが熱容量が大きいので、昼間に日射によって加熱が生じると、陸のほうが早く温まります。このため、海よりも陸のほうが高温になります。これに伴って、陸上は低気圧、海上は高気圧になるので、海から陸に向かって風が吹きます。これが海風です。

夜間は、 逆に、陸から海に向かう風が吹き、これを陸風といいます。

なので、海風と陸風についての記述が一部逆になっています。

⑤の文章ですが、

エルニーニョ現象=太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象。積乱雲が盛んに発生する海域が平常時より東へ移る。また、日本付近は冷夏になりやすい。

ラニーニャ現象=同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象。東風が平常時よりも強くなり、インドネシア近海の海上では積乱雲がいっそう盛んに発生する。また、日本付近は猛暑になりやすい。

なので、エルニーニョ現象とラニーニャ現象についての記述が逆です。

エルニーニョ・ラニーニャ現象についてもっと詳しく知りたい方は、気象庁のHPに掲載されているエルニーニョ/ラニーニャ現象とはを読んでください。

正答番号

2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です