国家公務員試験(総合職・大卒)

【過去問解説】2019年国家公務員採用総合職試験(大卒)森林・自然環境(多肢選択式)試験問題【No.20】

2019年度(H31、R1年度)の国家公務員採用総合職試験(大卒程度)の専門試験【森林・自然環境】の多肢選択式試験問題の過去問解説です。

問題は121題あります。
問題は必須問題13題(No.1~No.13)と選択問題12科目108 題(No.14~No.121)に分かれています。選択問題については任意の3科目(27題)を選択し,必須問題と合計して40題を解答します。

なお,選択問題については,3科目を超えて解答しても超えた分については採点されません。

これは、選択問題「森林環境科学」の問題です。

タップできる目次
  1. 問題
  2. 解説

問題

【No. 20】 森林の多面的機能に関する記述A~Dのうち,妥当なもののみを挙げているのはどれか。なお,データは,「平成30年版 森林・林業白書」による。

A.森林の有する多面的機能のうち森林に期待する働きについて,平成27年に農林水産省が調査*1を行ったところ,回答者の割合が高いものは上位から順に,「水資源を蓄える働き」,「住宅用建材や家具,紙などの原材料となる木材を生産する働き」,「山崩れや洪水などの災害を防止する働き」であった。

B.森林には療養,保養,行楽などの場としての機能があり,「文化機能」と呼ばれている。国有林においては,学校での体験活動や教育活動に積極的に活用するため「木の文化を支える森」を設定している。

C.森林の樹木は,大気中の二酸化炭素を吸収し,炭素を貯蔵することにより,地球温暖化防止に貢献している。このような森林の機能は「地球環境保全機能」と呼ばれており,我が国の平成28年度における森林吸収量*2は約 4,750万CO2トンであった。

D.良好な森林に覆われた流域は,裸地化した流域に比べ洪水流出量が小さく,無降雨時にも安定した流出を示す。このような森林の機能は「水源涵養機能」と呼ばれており,主に,森林が存在することによって形成される保水性・透水性に優れた森林土壌の働きによるものである。

*1 農林水産省「森林資源の循環利用に関する意識・意向調査」(平成27年10月)において,消費者モニターを対象に実施。
*2 京都議定書第8回締約国会合の決定に従い,京都議定書に基づく吸収源活動による排出・吸収量を算定し,計上したもの。

  1. A,B
  2. A,C
  3. B,C
  4. B,D
  5. C,D

解説

Aの文章ですが、

農林水産省が平成27(2015)年に実施した「森林資源の循環利用に関する意識・意向調査」において、森林の有する多面的機能のうち森林に期待する働きについて、消費者モニター(*2)に聞いたところ、「山崩れや洪水などの災害を防止する働き」、「二酸化炭素を吸収することにより、地球温暖化防止に貢献する働き」、「水資源を蓄える働き」と回答した者の割合が高かった。また、「住宅用建材や家具、紙などの原材料となる木材を生産する働き」への期待が再び高まっている(*3)(資料 II -5)。

平成29年度森林・林業白書より
平成29年度森林・林業白書より

よって、間違った文章です。

Bの文章ですが、

文化機能:史跡や名勝等と一体となって文化的価値のある景観や歴史的風致を構成したり、文化財等に必要な用材等を供給したりする機能

平成29年度森林・林業白書より

国有林野事業では、森林環境教育の場としての国有林野の利用を進めるため、森林環境教育のプログラムの整備やフィールドの提供等に取り組んでいる。

この一環として、学校等と森林管理署等が協定を結び、国有林野の豊かな森林環境を子供たちに提供する「遊々(ゆうゆう)の森」を設定している。

平成29年度森林・林業白書より

よって、間違った文章です。

C、Dは妥当な文章です。

正答番号

5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です