国家公務員試験(一般職・大卒)

【過去問解説】2019年国家公務員採用一般職試験(大卒)林学(多肢選択式)試験問題【No.23】

2019年度(H31、R1年度)の国家公務員採用一般職試験(大卒程度)の専門試験【林学】の多肢選択式試験問題の過去問解説です。

問題は全部で40題で、解答時間は3時間です。

これは、40題のうちの23問目の問題です。

タップできる目次
  1. 問題
  2. 解説

問題

【No. 23】 次の4種の樹木A~Dのうち,雌雄同株で種子が開花当年のうちに熟す樹種として妥当なもののみを挙げているのはどれか。

A.ヒノキ
B.カヤ
C.アカガシ
D.ブナ

  1. A,B
  2. A,C
  3. A,D
  4. B,C
  5. C,D

解説

Aのヒノキは、雌雄同株で、種子は開花当年のうちに熟します。

Bのカヤは、雌雄異株で、種子は開花翌年に熟します。

Cのアカガシは、雌雄同株で、種子は開花翌年に熟します。

Dのブナは、雌雄同株で、種子は開花当年のうちに熟します。

正答番号

3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です